災害廃棄物処理

被災地に必要なのはスピード

災害廃棄物処理

平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、東北地方において膨大な量の災害廃棄物が発生しました。瓦礫の除去や農地の除塩作業、海上運搬などを通じ、被災地の一日も早い復興を支援します。