生産者と向き合い、情熱を注ぎ込み、継続性を確立し、責任ある6次産業化で地域の活性化と復興をサポートしていきます。

6次産業化とは第一次産業、第二次産業、第三次産業の一元化による農林水産業の経営改善手法です。 東日本大震災により特に注目されるようになった6次産業化ですが、その浸透や導入には障壁が多いのが現状です。 6次産業化を正しく行うためには政府による支援など、必要な情報を正しく得ることが重要になります。 当ページでは6次産業化に必要な要素、国の支援事業の利用、再生エネルギーの導入についてご紹介いたします。 生産者と向き合い、情熱を注ぎ込み、継続性を確立し、責任ある6次産業化で地域の活性化と復興をサポートしていきます。

6次産業化について

6次産業化について

「第一次産業」として農林水産物を収穫・漁獲するだけではなく、「第二次産業」として加工し、「第三次産業」の流通・販売まで手がけることにより、川上から川下までの全面的な農林水産業の経営体質強化を目ざします。

詳しく見る

国の支援事業の利用

国の支援事業の利用

農林水産省の6次産業化支援事業を中心に、生産者とともに、地域資源の活性化を織り込んだ新商品開発や販路開拓、加工・販売施設の整備等、ソフト&ハード面からの支援に取り組み、所得や雇用の増大、地域活力の向上に貢献します。

詳しく見る

再生エネルギーの導入

再生エネルギーの導入

地下資源や枯渇性資源に乏しい日本においては、農林水産業の新たな6次産業化構築には太陽光発電、風力発電などの再生エネルギーの導入が必要不可欠です。それぞれの現場や環境に合わせた、最適なご提案をさせていただきます。

詳しく見る