生産者個別サポート

生産者の皆様と正面から向き合います

生産者個別サポート

6次産業化導入における現状の再確認と「本気度」に合わせて、地域活性化をビジョンに折り込んだ個別サポートを推進します。大切なことは、生産者が自ら6次産業化のコンセンサスを共有することです。

サポートの具体例としては、

① 生産量と生産手法の見直し
② 市場調査(マーケット)何が提供できて、産地に何を望まれているかの再認識
③ 商品化対象食材の選定ならびに加工品への選出
※提供サイドの都合で加工手法を捉えない事を重要と認識する。
④ 地域の食文化を再認識する。
⑤ 消費者へ届けるために「どう汗をかくか」?
⑥ 事業化に向けたプランを、誰が、どの場所で、何を使ってコントロールするのか?

が挙げられます。

日本海洋資源開発は生産者の皆様と正面から向き合い、課題解決に向け全力をつくします。