6次産業化推進事業

危機感と情報を「情熱」に変えて

6次産業化推進事業

難しい言葉やシステムでは無く、当たり前の様に、本当に良い物を消費者へ安全に届ける事を大原則として捉え、生産現場の現状に、本当の「危機感」を抱いている全国の行政担当者や生産者とともに、大いなる情熱をもち共に汗をかいて行きます。

確実に実行できる「5年後を見据えた事業化計画」を立て、中・短期のスケジュールをデータ共有、PDCAサイクルの実行運用で「成果」と「評価」を出していきます。

また多方面からの助成・補助事業の導入を図り、費用対効果の結果を導き出します。